加害者が逆ギレしてきて困っています

先日、横断歩道を普段通りに歩いていると、一時停止を無視したバイクがスピードを落とした状態ではあったものの突っ込んできて、左の脇腹を直撃されてしまいました。ひどい鈍痛でしたが何とか耐え、運転手とコンタクトを取ろうとしましたが、あろうことかそのまま逃げ去ろうとする始末。周囲の人が怒鳴ってくれたおかげでストップし、警察に連絡して人身事故として扱ってもらうことができました。

そのまま病院に向かい、骨が折れていないか心配していましたが、診断の結果は全治2週間ほどの打撲ということで大事には至りませんでした。その他の被害状況としては、ぶつかった衝撃で持っていたスマホを落としてしまい、ガラスがバキバキに割れてしまったという以外には特にありません。治療費とスマホの修理代だけを出してもらえればいいかな、と思っていましたが、交通事故を起こした張本人であるにも関わらず、運転手が高圧的で困っています。

まず「スマホを落としたのはアンタの責任だ」と言い始めました。確かに歩きスマホをしていたのは私の落ち度ですが、バイクが一時停止を無視しなければ事故になっていなかったので納得はできません。相手は私が歩きスマホをしていたことを責め立て、事故の責任を私に押し付けようとしています。泣き寝入りするような結果になっては困るので、弁護士への相談も視野に入れて、損をしない方法を考えたいです。

DATE:2019/01/15