体験談となっております

じぶんは現在29歳の男性会社員をおこなっております。これは自分ではなく、親戚の叔父の体験談となっております。叔父は交通事故にあってしまい、足を骨折してしまったことがあります。自分もあまり詳しい事故などはあまりわかってはおりませんが、当時は叔父は自転車で移動をしておりました。しっかりと信号などを守っていたのですが、原付と激しく接触をしてしまい、転倒をしてしまったときに足を骨折してしまいました。交差点での接触となってしまい、信号などもなく、お互いの不注意で接触をしてしまったのです。ですが、人対バイクであるので、もちろんですが、バイクの運転者のほうに比があるとされました。叔父は現在では骨折などはしっかりと完治をしておりますが、それでも生々しい傷跡などが足に残っております。叔父がしっかりと交通ルールを守っていても、事故に遭遇をしてしまうのです。

自分は交通事故にあったのではなく、あわせたしまったことがありましたが、交通事故はほんとうに起こしてはいけないと思います。悪いことは起こっても、いいことなどは絶対におこることはありません。自分自身も交通事故を発生させないようにこれからも自分は交通ルールをしっかりと遵守をして、生活を送っていきたいと考えております。家族などにも交通事故には遭遇をしてほしくはないです。