自分自身の負傷の度合いが大きい場合

交通事故で幸い、自身の命が無事ではあるがケガの度合いが深刻な場合についてですが、その場合には救急病院などへの搬送とかがされているような状態ですので、その入院先で交通警官や救急隊、病院側、保険会社の担当者などから、事故当時の状況に関しての質問を治療を受けながら答えていく流れになります。しかしながら、ケガの度合いなどによっては話せないような事態とかもあったりしますので、そのような場合にはやはり、加入をしている自動車保険のオプションの要約サービスなどを頼るようなケースになるとも考えられます。一般的には、口部分などのケガが完全に回復をした時点で、事故当時についての質問や事情聴取などがなされたりするような流れのようです。この場合には、なるだけ記憶にある限り、事故当時の様子について正直にありのまま答えるようにします。

また、質問内容によっては、心理的にも大変辛いような内容である場合とかもあるかもしれませんが、それでも正直に答えなければ刑事罰に問われたり損害賠償訴訟などで不利になったりするような事態も考えられますので、勇気を振り絞りながら、思い切って答えていく姿勢がとても大切です。なるだけ自分を有利な立場に持っていくためにも、ありのままの真実を伝えていく姿勢が、交通事故においての事後の身の振り方には間違いがありません。